中部 国際 空港。 中部国際空港

2本目滑走路の整備に向けた構想 [ ] 2007年8月の関西国際空港2期工事限定供用後は、成田国際空港および関西国際空港がそれぞれ滑走路2本を有するのに対し、中部国際空港は滑走路1本であり競争条件として不利であると中部国際空港株式会社や地元財界は考えており 、2本目滑走路整備の実現を求めている。

, CJIAC)が行う。

これに伴い、新規路線の開設、既存路線の増便など路線網を拡大していき、機材数を現在の21機(2017年5月時点)から28機にし、そのうち3機を中部で夜間駐機させる計画である。

1月23日: 中部運輸局および北陸信越運輸局が主導し、中部北陸9県関連団体が共同参加する中華圏からの観光客誘致を狙った「昇龍道」プロジェクト共同記者会見を開催。

開港後の空港運営段階では空港の運営管理に適応したEMSに再構築したうえ、2005年9月にはセントレアグループとしての認証を取得している。

中部国際空港は関西国際空港の建設工事実績を参考として建設されたため、関西国際空港と比べると低コストで同規模の空港島・施設を造成することができた。

半年程度かけて必要な手続きを進め、2022年度中には埋め立て工事に着手する。

国内線では、北日本や福岡を結ぶ路線、国際線は中国、韓国、フィリピン、グアム、サイパンなどの路線を検討している。

33
27 社• 6月24日: のが飛行場検査のため初着陸。 診療所(:2階 到着ロビー) 環境対策 [ ] 中部国際空港は、環境影響の回避・低減に関する評価を行うため、を 1998年6月から1999年7月にかけて実施。 のりばへはアクセスプラザからしか行くことができない。 5割とし、国際線を重視する。 3月12日: 空港格付け会社社が発表した「ワールドベストエアポート2015」で、「世界第7位」の国際空港に選ばれる。 12月21日: が線を開設。 この施設は2018年10月12日に開業している。