光源氏 の 誕生 品詞 分解。 源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(3)

72
jpを読むほどの高貴で将来有望な、 才気あふれる選ばれたみなさんですから、、、 きっと持っていない人はいないと思いますが・・・ え、まさか持っていない!? おっと、これはまさにincredible! 動作の主体である帝を敬っている。 作者からの敬意。 【桐壺・光る君の誕生】現代語訳と品詞分解1。 上達部 かんだちめ ・ 上人 うえびと などもあいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。 振る舞う。 動作の主体である女御・更衣を敬っている。 解説 本文 いづれの 御時 おほんとき にか、 女御 にょうご 、 更衣 かうい あまた 候 さぶら ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。