徳川 綱吉。 徳川綱吉【徳川5代目将軍】学問の奨励と生類憐みの令

綱吉と能 以来、代々の将軍はを愛好してきたが、綱吉はその中でも「能狂」 と言われるほどの執着を示した。

徳川綱吉といえば「生類憐れみの令」。

綱吉が館林藩主だった時に桂昌院の侍女として仕えています。

征夷 犬将軍• 元服は7歳で、そのころに綱吉という名前を名乗り、15歳で上野館林藩主(現在の群馬県館林市周辺)となりました。

ただ戌年生まれの綱吉が、狂信的に「お犬様」ばかりを大事にしたわけではなく、 当時江戸の社会問題であった野犬を殺さず、巨大な犬小屋に収容するなどしました。

また底を尽き掛けていた幕府の財政を補うために「貨幣改鋳(かへいかいちゅう)」を行い500万両もの財政支援が可能にした。

13

特に大夫を2度にわたって取り立てられた喜多座では、分家の権左衛門家が断絶を余儀無くされている。

1683年に新たに武家諸法度が発布。

その死因は「はしか」。

そして、 の反対も押し切り、1687年には、殺生を禁止する法令「生類憐みの令」 しょうるいあわれみのれい を発布したことで、歴史的に有名な将軍となってしまいます。

側用人をクッションにするということは、一つ間違えば側用人自体の好き嫌いで取り次ぐか否かを決定できるため、政治の透明性を保つことに関しては諸刃の剣ですが、力を失いつつある将軍の力を強めることには役に立つのです。

52