バーグマン 400。 【浦島ライダーの2輪体験記】ブイブイ言わせてた“ビグスク”も今は昔…スズキ バーグマン400

エコ運転をするとエコマークがつくのだが、これもしょっちゅう点いたり消えたりするため「何?」といちいちメーターを見てしまった。

一方でエンジンは極低速域では少し繋がりが急に感じる部分もなくはなかった。

千葉県 0• でも全然そんなことない! 風を感じつつ走る気持ち良さは変わらないし、スクーターも旅の空気の中に持ち込めば『バイク』に早変わりするんだ、新しく気づきました。

香川県 0• 今後のカスタムプラン 購入動機 高速道路での余裕がある400ccスクーターを探していました。

西登り石垣は、結果として城の裏側だったようで、期せずして手付かずの魅力に触れることができた。

シフトチェンジでクツが痛まないから、外出に履く靴を選ばないし、こりゃビジネスマンがスーツで乗ったっていい、そんなバイクだと思うのだ。

定番の遠心クラッチとCVTを用いたスクーターゆえ、走り出しこそ少し慎重ですが、動き出してしまえば、右手のスロットル操作にトルクがよくついてくる。

48
純正で長めのウインドスクリーンが装着されていることもあり、腕や体の中心に当る風は弱く安心感があります。 どこか遠いところから材料を持ってくるわけでもなく、コンクリートで固めるわけでもなく、ただそこにあるものを、積む、というなんとも環境負荷の少ない工法。 クラッチの繋がりが自然で低速時でもギクシャクしない。 それがスクーターブーム。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。 オトナが乗る、高級なビッグスクーターだ。 新旧織り交ぜて、西日本でもバイク好きのエンスージアストが多いようで嬉しかったのと、ステージでライブパフォーマンスをしてくれた千葉県出身のロックンロールバンド「ナゲッツ」があまりにもイケていて小躍りしてしまった。 給油以外はノンストップで走り抜けた。
93

バーグマン400 サイドビュー バーグマン400の広報車を引き取る際に担当者に魅力を聞いたところ「250ccスクーターにはないトルク感と、タイヤをインチアップしたことによってハンドリングが更に軽くなりました!」とコメントを頂きました。

購入動機 スズキワールド新宿認定中古車 足付きと取り回しの良さ(低重心) 跨った瞬間の身体の落ち着きの良さと、無駄な装飾を省いた質実剛健。

佐賀県 0• シート高は、710から755mmにアップしていますが、足を下ろすあたりのフロアボードが大きく切り欠かれているので、身長165cm(短足)の自分でも、両足親指付け根くらいまで地面に付けられる。

ジグソーパズルのように自然の石を積んでいく石垣がステキで、それにコケや木の根が絡まってなお魅力的だ。

沖縄県 0. タイヤサイズは幅こそ変わっていませんが、フロントは1インチ大きい15インチタイヤが採用されています。

街乗りでは、5000rpmも回せば十分速い。

定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。

優秀な道具である。

東京中心部までは100キロほどの距離だ。

2019年 2• リアのタイヤサイズ、エンジン回転数、各減速比がわかれば最高速は計算が可能です。

26