錦城 高校。 沿革

各学年の欠席・遅刻・早退がそれぞれ5日以内。

サッカー部• 進学率。

今年、サッカー部のキャプテンが順天堂大学医学部の特待生に受かり、6年間6000万円の奨学金を得たそうです。 バドミントン部 - 個人:出場(男子シングルス)/団体:男女共に2018年時点で10年連続総体東京都予選ベスト8以上(最高成績は男女共に準優勝)• 春の球技大会は3日間、秋の球技大会は2日間と大規模で、かなり盛り上がる。 室内楽部• 卓球部• 非常に高い、と言えるでしょう。 これを良いか悪いか捉えるのはあなた次第である。 校外学習(東京都内 -2年• 併願優遇・・・・・・・・・・・・・・・・・・• 通学しやすく進学実績が良い。 11月• そういった人たちがいつまでたっても未練たらしく錦城の愚痴を言っており、同じ境遇の人が多いことも相まって更に愚痴が拡がるという負の連鎖がある。 剣道部• 軽音楽部 - 創設• 職員室前にはラーニングスペースなるものがあり、職員室にいる先生に声をかけてその場で教えてもらう事ができる。 充実した施設など良いところはたくさんあるが、実際に錦城に通う生徒からの評価は低い。 - 創立50周年 基礎データ [ ] 校訓 [ ] 知性・進取・誠意 制服 [ ] 男女共にグレーを基調とするブレザースタイルである。
28
よりバスで25分• 将棋部• 難関大学の合格者がいて、勉強に集中できる環境も整っている。 併願優遇が取れた。 入試競争率 応募者 受験者 合格者 競争率 2019年 推薦 154 154 154 1. 都立高校が第一希望ですが、私立・・・・・・・・・・・・・・・・・・• その理由に「生徒の入学理由」と「立地」が深く関係している。 そこそこ盛り上がる。 1学期中間考査• 「併願校の例」は、受験者の入試合否結果調査をもとに作成したものです。 イベント 錦城祭(文化祭)は9月、球技大会は5月と9月、2年次の修学旅行(蔵王でスキー)は2月。 全国大会に行く部もかなりあります。 弓道部• 1年次は主要3教科をバランスよく学び、基礎学力の向上を図ります。 平成9年共学化。 海外交流の様々なプログラムと、・・・・・・・・・・・・・・・・・・• 3年次には、希望進路に応じた講座が選択できるため、効率のよい学習ができます。
99