マルケス バイク。 MotoGP2021 オランダGP FP1トップタイムはマーべリック・ビニャーレス

さらに9周目、雨が落ちてきたことを知らせるレッドクロスのフラッグが振られて、ホワイトフラッグが提示され、バイクの乗り換えが可能となった。 2番手はアレイシ・エスパルガロ、3番手にはザルコが続く。 好ペースでマルク・マルケスを猛追したが、追い付くにはいたらなかった。 ホンダは対応してくれたし、上手くやってくれている。 彼は自身の初日の走りを振り返って、ドライコンディションで行なわれたFP2では苦労した部分があったことを認めた。 復帰後初、約1年半ぶりの勝利となった。 KTM KTMのミゲル・オリヴェイラ、ブラッド・ビンダーはシャーシ、スイングアーム、エキゾースト、テールユニットが新型と思わしきバイクで走行。 今も良くなっていっているから、明日(決勝日)までにはさらに改善しているだろうから良かったよ」 「それは別として、予選はひとりでも、誰かの後ろでも速く走ることができた」 「1回目の走行ではひとりでタイムを出していた。 5周目を終えて、トップは依然としてマルク・マルケス。
43

7秒以上の差を築いていた。

「復活に向けてのありふれた1日だった」 「ウエットコンディションでは全く問題なかった。

オリベイラは次第にラップタイムをコントロールし始めたのか、残り3周には差は広がっていった。

ただ実際は、徐々に気分は良くなっていったようだ。

マルク・マルケスはこのとき、2番手のミラーに対し、1. 4位でのフィニッシュだった。

73
一時、2秒あった差は1. 先頭をキープしていたアレイシ・エスパルガロだったが、最終コーナーでマルク・マルケスがブレーキングでアレイシ・エスパルガロのインを抑え、オーバーテイク。 しかし、序盤からポジションが上がらず、13位でレースを終えた。 ホンダも2日目に向けて電子制御の新しいセッティングを持ち込み、マルケスもそれを受け入れたという。 ただ、迎えた第5戦フランスGPの初日でホンダ勢はまずまずのスタートを切った。 それがクラッシュの理由だ」 「理解することが大事なんだ。 さらに、13番グリッドスタートのブラッド・ビンダー(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が7番手にポジションを上げていた。 レプソル・ホンダはポル・エスパルガロが4番手、マルク・マルケスが8番手に入り、中上も10番手。
5