イワシ 泳がせ 釣り。 イワシ泳がせ釣りで3kg級頭にマハタ&ヒラメ船中続々【千葉・春日丸】 (2021年3月24日)

4
中盤に 久々のアタリ、モゾモゾしてるなーと思ったら突然と底の方に引き込むアタリ、これもデカイ。 懸念は、飲ませ用に少しハリス、エダス、針が太いので、サビキ釣りの段階でエサになる魚が釣れにくいところですね。 トラギス トラギスは手に入れやすくマゴチやヒラメを狙える餌。 水深は90m前後。 あと餌にする 小魚は非常に弱りやすいので、針を付けるときは濡れた手で速やかにセットして活きのいい内に海に入れてやりましょう。
51
キハダが海面近くまで上がってくると、キハダが船側に寄ってきた時は巻き上げ、船と反対側に向いている時はロッドを立てて耐えます。 という時でも、そこで釣れる何かをエサにして泳がせておいても、案外釣れます。 そんな嬉しい魚がアジやキスを針に仕掛けて、泳がせるだけで簡単に釣れる泳がせ釣りとはまさに夢一杯な釣りですよね。 アタリがなければ、 竿先を大きく持ち上げてゆっくり落とし込んでいきます。 エサ付けは、下アゴから上アゴに抜くようにする。 泳がせ釣りの代表的なターゲット 泳がせ釣りは魚食性の高い魚であれば理論上どんなものでも釣ることができます。 SUNLINEの松田スペシャルの12号がいいみたいです。 船釣りなど沖で大型のヒラメをターゲットにする場合には、ひとまわり大きな20cm前後の生き餌が理想的大きさだと言えます。 アタリは減るが、アタれば大型というわけだ。
85