恵比寿 映像 祭。 恵比寿映像祭、NO MUSIC, NO LIFE ?写真展ほか

《拡張されたメークアップ フィルター》2020年 など、Keikenによる複数の作品を配置した展示空間他 さらに、コロナ禍において、フィルムアーカイブ等の機関の作品の扱い方にも変化があったと言います。

恵比寿映像祭がスタートした頃よりもずっと多様に、人々の日常に存在するようになった「映像」「動画」について、改めて捉え直すきっかけになるような映像祭にしようと、計画を進めることになりました。

今回の総合テーマは「時間を想像する」。

ー脚本は撮影場所が決まってから書くのでしょうか? 瀬田:おおよそは合わせて書きました。

街を歩くことが映画を見ることにつながる、ユニークな体験です。

実際に黄金町周辺を歩いてみて、大岡川にかかる橋を中心にして作ろうと思いました。

この映像祭では、さまざまな表現方法で時間を扱う作品を通して、映像の本質に迫っていきたいと思います」と語ります。

第7回恵比寿映像祭 オフサイト展示瀬田なつき《5 windows》恵比寿特別編 展示風景 photo:Takaaki Arai マップ片手に、まちをめぐるのも楽しみのひとつ 「5 windows」の魅力は、色彩豊かな映像、 出演する役者さんたちの自然な演技、 それらをつなぐ音楽といった要素が、まちの景色と調和すること。

また、2月9日(日)には高谷史郎の活動を追った初のドキュメンタリー映画(監督:ジュリオ・ボアト)を日本初公開。

21
btn-colored:active,button:not [type] :not. 主役の中村ゆりかさんの他にも、川やサンダル、ハナウタ、スカート、屋上、自転車…などアイテムは、黄金町バージョンと重なりつつ、少しズレて、と、合わせて見られるカタチを作っています 2s;transition-timing-function:linear;display:inline-block;margin-right:. 受動的に消費し続けるのはもったいないことなのかもしれません
第10回恵比寿映像祭「インヴィジブル」が、東京・恵比寿で2018年2月9日 金 から2月25日 日 まで開催される 時間を逆行させたり、縮めたりもできますし、過去と未来を自由に行き来させることも、人間以外が感じる時間の描写も可能です
その魅力のひみつを監督の瀬田さんに聞いてみました 留められた夥しいイメージから、いかに、何を、読み解くことが可能だろうか
ときに少々抽象的なテーマになることもある恵比寿映像祭ですが、今回は刻々と変化する状況の中で、時代を巧みに切り取る先鋭的なテーマを選ぶのは至難の業だし、人々にはうまく響かないのではないかと思いました」 その魅力のひみつを監督の瀬田さんに聞いてみました
afls-container[data-afls]:not. 恵比寿は特にギャラリーや文化施設の多い地域 - お申込手続き中、複数の画面を立ち上げたり、ブラウザの「戻る」ボタンで操作しないようお願いします
ご予約の前に、メール受信設定を必ずご確認ください 360度全方位から花火が打ち上がる映像は圧巻
『第10回恵比寿映像祭「インヴィジブル Mapping the Invisible」』が、2月9日から東京・恵比寿の東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほかで開催される step プログラマー、アーティスト、ライヴコーダーのKakuya Shiraishiと像楽家、生像作家のScott Allenによるユニット
さらに、恵比寿地域に点在する文化施設やアート団体と連携し、独自の視点によるプログラムや参加型のプログラム「YEBIZO MEETS」も開催される 小森はるか+瀬尾夏美《二重のまち/交代地のうたを編む》2019年 Photo: Tomomi Morita 2031年の未来をみつめながら、東日本大震災以降の時間に向き合う小森はるか+瀬尾夏美の《二重のまち/交代地のうたを編む》や、自ら撮影した写真を削ったり燃やしたりすることで写真のイメージを変容させる多和田有希の作品にも注目したい
こうした機能や恵比寿映像祭の上映部門の充実の前提に、ひとつのジャンルやテーマを長く、深く扱う世界各地の映画祭の存在があることをいま一度思い出しておくべきかもしれない 最初の黄金町の時から、映像の中心をすっと捕らえてもらって、ほとんど、こちらの意図とずれることがないです

本イベントでは、当時の競技や大会運営の模様を伝える45分の記録映像を鑑賞し、その後、専門家とともにパラリンピックの歴史や、過去と現在の時間をつなぐアーカイブ映像の意義を読み解いていきます。

お申込後の変更・キャンセルはできません。

ご案内や表示に従い、上記同様のご協力をお願いいたします。

第12回となる今回は、「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質について迫ります。

prevent-bg-text-style h4:not. 地域の文化施設との連携プログラムやガイドツアー、トークなどが開催されます。

恵比寿新聞: 週刊の国策グラフ雑誌ですぞ!その当時どんな国策が 盛り込まれているのか非常に気になります。

恵比寿新聞: アラーキーさんの展示もあるそうです。

49