ブルズ 対 ウィザーズ。 ウィザーズがブルズに今季初勝利 八村20得点 405分ぶりにブロックショット!― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

この日が23歳の誕生日となった八村塁は36分出場してフィールドゴール(FG)を13本中7本成功させ19得点と10リバウンドをマークした。

95パーセントの確率で勝利するというデータがあったのだが、ウィザーズは見事にその予想を覆してみせた。

するとブレイザーズはタイムアウト明けにがプルアップでディープスリーをねじ込んで、残り8. ウィザーズはラッセル・ウエストブルック(32)が開幕から出場3試合連続となるトリプルダブルを前半で達成し、トータル21得点、15リバウンド、11アシストを記録。

なおウィザーズは12日に敵地ニューヨークで球宴前の最後の試合(対ニックス)に臨むことになっている。

第4クォーター残り12. 確かに、俺はこれまでいくつかクレイジーな試合を経験してきた。

マッチアップしたブルズのルーク・コーネット(24)は218センチのフォワードで、マッチアップした選手との身長差(15センチ)は今季最大となったが攻守両面で奮闘した。

67
でもこの試合もそのなかの1つに入るね」というウェストブルックの言葉が、この日の試合を端的に表していたと言っていいだろう。 3秒にカイリーのフリースロー2本が決まってネッツが5点をリードした。 世界中のトップアスリートたちが集結するNBAでは、毎試合で迫力満点のダンクや目が覚めるようなアシスト、豪快なブロックショットなど、画面越しで観ていても息をのむようなプレーが生まれている。 ネッツ最後の攻撃を何とか防ぎ、残り0. — Washington Wizards WashWizards 58-73で後半を迎えたウィザーズ、流れを変えるどころか、オーバーヘルプやローテーションが間に合わず連続で3ポイントシュートを許してしまう。 その後も持ち味であるボールプッシュからのレイアップを沈め、シュートファウルを誘発してのフリースロー、トランジションの先頭を走りゴール下を決めるなど、第1クォーターから8得点を挙げる活躍を見せた。 マッチアップしたブルズのルーク・コーネット(24)は218センチのフォワードで、マッチアップした選手との身長差(15センチ)は今季最大となったが攻守両面で奮闘した。 そして、ルーキーではあっても完全にチームの主力となっている八村には、そうした場面での活躍が求められる。 追い上げるも、大きすぎた25点のビハインド ブルズのホームに乗り込んだウィザーズだったが、前半で73失点するなどディフェンスが崩壊。
40
ブルズはラビーンが8本の3点シュートなどで41得点を挙げたものの勝利にはつながらずチームは19勝36敗、ロードでは8勝20敗となった。 NBA東地区全体9位のウィザーズは11日、地元ワシントンDCで同10位のブルズと対戦。 3秒にカイリーのフリースロー2本が決まってネッツが5点をリードした。 今季はリザーブ起用のノアだが、1試合平均では約22分出場し、4. ターンオーバーも重なり、開始1分半で0-10と走られ25点のビハインドを背負った。 後者は、ジェームズ・ハーデンを大腿部の打撲のため欠いたネッツが序盤から3ポイント攻勢で点を積み重ねて、最大18点差をつけるも、ウィザーズがセカンドユニットの奮闘で応戦。