韓国ニュースカイカイ。 [B!] 韓国人「G7首脳会議の様子を見てみよう」→「日本すごいね…」 : カイカイ反応通信

これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 「スポーツ京郷」は「松山のマスターズの優勝は運命的だった」として松山選手が「日本の男子ゴルフの悲願をついに叶えた」と報じ、「スポーツ東亜」は「日本に勇気と感動を与えた」との菅総理の祝辞含め松山選手の優勝に各界から祝賀メッセージがあったことなどを伝えていた。

わたし自身があまり偉そうなことは言えません。

小室さんが少し前にお言葉などを発表されていましたが、ないような彼の保身的な内容ばかりでガッカリしました。

しかし、全く逆の結果になってしまった。

眞子さまの愛した人であれば、もう少し自分の保身以外のことも発言されると期待していただけに残念です。

いつまで経っても宙ぶらりんな立場の眞子さまがいつも気の毒でたまりません。

「文化日報」は「松山英樹がアジアの選手として初めてグリーンジャケットの主人公となった」「グリーンジャケットを着て賞金23億ウォンをゲット」「12年ぶりにアジア選手がメジャーにジャンプ。

仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない。

「軍部や労働党連絡所、対外工作員育成所で働いていた日本人はなるべくなら『廃棄処分』にしてしまうのではないだろうか。

但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。

結局、金委員長に恥をかかせたと怒っている。

小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった。

というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る 例えば、金委員長が謝らず、下級官吏らに対応させればよかったと
特に朝鮮総連はダメージを受けた 「国民日報」は「アジア選手最初のマスターズ優勝は松山英樹が勝ち取った」として「マスターズの象徴であるグリーンジャケットを着た松山はアジア国籍選手として最初のマスターズ優勝という業績を成し遂げた」とその偉業を讃えた
「毎日経済」は「松山英樹(日本)がシーズン初のメジャー大会マスターズトーナメントで優勝し、世界ランキングを25位から14位に引き上げた 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ
しかし、男としてもっと眞子さまの気持ちを大切にして、強い意思を持ってしっかりと行動して欲しい 日本人を利用している機関は、対外情報などを統括する、安保にかかわる重要な機関だ
ウッズが『日本に自負心を与えた』」ことを副題に掲げ、松山選手が4歳の時から父親の教えでゴルフを始めたこと、2012年8月に世界アマチュアランキング1位になったこと、2013年にプロ入りしたことなど松山選手のプロフィールも詳細に伝えていた どこにも負荷のないクリーンなエネルギーなど虫の良い話ありません
わたし自身があまり偉そうなことは言えません イム・ソンジェは昨年のマスターズでは準優勝したが、今年の大会では途中で脱落した」と「スポーツ韓国」と同様に韓国の選手の順位と比較しながら松山選手の躍進ぶりを伝えていた
「スポーツTODAY」は「松山優勝 世界ランキング14位に躍進」との見出しの記事で「松山はアジア選手最初のマスターズ優勝者となる栄誉を浴し、世界ランキングでもアジア選手の中で頂点に立った」ことや「イム・ソンジェ選手を制し、アジアトップランカーの地位を占めた」ことを伝えていた 軍部の人は、このことは判断ミスとみなし、金委員長に拉致を認めるべきと進言した会談主導者らを問責している
誰だって愛する家族には幸せでいて欲しいものです 松山はまさに日本男子ゴルフの自尊心である」と断じた「アジア経済」は「今日の優勝を機に多くの日本選手が頂点に立ってくれれば良い」との松山選手の優勝コメントも紹介していた
31
しかし、男としてもっと眞子さまの気持ちを大切にして、強い意思を持ってしっかりと行動して欲しい。 その影響でイム・ソンジェが19位から20位に下がった。 北朝鮮はその面で不満を持っている。 いつまで経っても宙ぶらりんな立場の眞子さまがいつも気の毒でたまりません。 一世紀前に起きた日本の植民地問題もある。
29