北斗 の 拳 シャチ。 「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE」に北斗琉拳の使い手「シャチ」が登場

人物 [ ] 北斗琉拳の使い手 スキンヘッドに毛皮の鉢巻きを付け、大柄な体格をしている
名前はアニメ版から付けられた 少年時代に修羅の国に取り残されてしまったが、そこで出会った少女レイアを愛し、自ら修羅の国に残ると決める
「やるじゃない」が口癖 その他、検問でに救われたり、北斗琉拳の修行時代に使ったへとケンを運んだり、の家で治療を受けたり、レイア特製のプロテクターを受け取ったりと、数多くのアニメオリジナルシーンが描かれている
ロックとともにヒョウの軍団に挑み、全員死亡した 15歳の頃、父や仲間とともに新天地を求めて修羅の国に上陸するが、15歳にも満たない一人の修羅に惨敗する
猿のような小男で、丸い色眼鏡をかけている それで妻子ともども解放されるはずだったが、ラオウの詭弁によりそのままカサンドラに収監されることとなる
かつてボルゲの手の甲に傷を負わした過去から、異常な憎悪を抱いたボルゲによって襲われる 過去にプロレスラーを絞め殺したことがあると豪語している
ジュウケイから「女と添い遂げたければ救世主を待て」と諭されるが、「救世主など待てぬのだ!!」となおも強く詰め寄り、北斗琉拳を体得するがその心は野望に染まっていった 魔界に入りし北斗宗家の血を断つのが役目であり、カイオウの策略で魔界に墜ちたケンシロウの兄であるヒョウを倒そうとする
ギサツ 声 - 沢木郁也 ジャギの部下で仲間からは「あにき」と呼ばれていた 『真・北斗無双』の幻闘編ジャギの章では、ケンシロウを騙るべく胸に七つの傷を付け、ユリアを失ったケンシロウの逆を行くかのごとく村々を襲っては美女を探していたジャギにより、両親と婚約者を殺されてその身を奪われるが、直後にレイを苦しめようと現れたユダに連れ去られる
彼女がアインを追って来た賊によって殺されたため、その日からアインがアスカの父となり、彼女を育てることとなったという経緯がアインの留守を預かる老人・ ジョセフ(声 - )の弁で語られ、アスカは彼と共に中央帝都陥落まで北斗の軍に同行している タオが連れてきた北斗の拳士・に、シャチを倒すよう依頼したが、まだ愛を捨てることは無いとケンに諭された
『北斗の拳』の連載35周年を記念して行われた人気投票「国民総選挙」では、第15位にランクインしている 道場の門人 当時「鬼」と呼ばれていたフドウが北斗の寺院を襲撃したときに戦った者たち
10
ブランカ編 [ ] バラン 極北の「聖国ブランカ」で「光帝」と名乗り、国民から神以上の絶大な信奉を集める君主 ルセリ 聖国ブランカの王女
ラオウに部下を全滅させられた上、自身も大鎌でラオウに挑んだが、北斗剛掌波で吹き飛ばされバラバラにされた 足が不自由なほうが兄のマコ、弟がアキである
詳細は「」を参照 ヒューイ 南斗五車星「風」の男 別々の時代に生まれれば、いずれも素晴らしい伝承者になったであろうに」と天を恨んだ
しかしケンシロウには、拳の性状と飛び上がった際の背面が弱点であることを見抜かれ、秘孔を突かれてジャッカルの居場所を無理矢理喋らされたあげく、激しい蹴りを浴びて吹き飛び、そのまま岩盤に叩き付けられて死亡 ケンシロウとの戦いを避けようとするジャッカルに納得できず、ケンシロウに挑戦する
ユダ軍閥のNo. 蛮族に襲われたリュウを救う しかし、命がけで流砂に飛び込んだフドウと彼の救援に駆けつけたケンシロウにより命を取留める
これで五車星の一員として動くことを決めたジュウザに同行し、ジュウザがラオウの足止めに成功する様を見届けた 原作ではファルコの道連れを狙って瀕死の兄ハズが不発弾を爆発させて爆死するが、弟ギルは命を拾い中央帝都陥落まで北斗の軍に従軍する
『真・北斗無双』では彼の登場するシーンが丸々カットされており、ケンシロウたちが村に入ってすぐ、リンたちの入った護送車が目の前を横切るという展開になっている 4巻登場人物紹介• 村人に化け物と呼ばれる
父・ ムハリ(声 - 沢木郁也)は、かつて赤龍党のリーダーとして天帝軍に抵抗していたが作中の時点では身体を病に蝕まれており、彼に恨みを持つゲルドの手にかかって最期を遂げる といったところです
ユリアの兄でありジュウザの異母兄 2人の息子がいる
それに伴いGOLANの説明はバットが代わりに行っている 」の台詞がある
34