モンク スキル 回し 5。 【5.0~5.08】モンクのスキル回しと各アビの解説

4】|ゲームエイト 型をコントロールする 今までは型を乗せるスキルは全て攻撃WSであるため攻撃できないと「疾風迅雷」が切れてしまいましたが、「演武」はダメージがない代わりにいつでも使えます。

82
この回しであれば下記で説明する「双正正回し」のように双掌打バフが切れるタイミングがないため安定します。 「レイドの零式で獲得できるシリーズ」と、「トークンで交換できるシリーズ」ですね!(正確には零式2. おすすめなのは以下の3つです。 【ご注意】 十分な確認を行った上で掲載していますが、確認不足による不備などがありましたらすいません(装備の取得は自己責任でお願いをいたしますm m) また、理論や シミュレート結果で紹介している以上の内容がある場合にはご指摘いただけると助かりますm m 参考にさせていただき、内容を修正いたします。 疾風迅雷考慮時のGCDは1. モンクの場合、特有の効果で必ずクリティカルヒットする「連撃 」があるためクリティカルを伸ばし、ダメージ量を上げると基本的に強くなります。 「紅蓮の極意」と「桃園結義」「踏鳴」を使った90秒リキャストのバフを使ったバースト回しと基本コンボを繰り返していきます。
94
方向がぐちゃぐちゃにならないので 「双竜脚」と威力が同じになったため、例えば踏鳴中に双竜脚で終了するパターンの時は双掌打を入れて、踏鳴終わりのバフ効果時間を維持できるようになった
疾風迅雷の効果を考慮したGCDはコチラのほうが0. 簡単に言うと踏鳴の「型条件無視」の効果を利用して 「双竜脚」と「連撃」を交互に繰り返す威力の高いスキル回しです スキルスピードに余裕があるなら、開幕の破砕拳前に双掌打入れるとなお良しです
これはパッチ5. そのため、あまり採用がされていない秘伝の書レベルの開幕回しです(パッチ5. GCD1. 回転の速いアビリティと通常スキルを方向指定しながら回し、90秒ごとにバーストというとても操作が忙しいキャラに変わりました 各ジョブ、最低限必要はスキルスピードは考慮するものの、 PTシナジーは考慮していません
3層、または古銭で獲得できる強化薬・繊維が必要) どちらかを選んでいくわけですが、組み合わせで 最強となる装備を組み合わせをさがしていきます 0で日の目を見ることに! なんと使っても構えは勝手に切り替わらないうえに、 効果時間中に ダメージを受けると疾風迅雷の効果時間が最大まで延長され、しかも 被ダメ10%軽減、 更に 方向指定があるスキルをどの方向からやっても成功させるという トゥルーノース機能つき!!!! 全体範囲攻撃前、自分に範囲マーカーが付いて離れる時や距離減衰攻撃、頭割りの受け位置が敵から遠い時などに活用すると良いかも
モンクのバーストが90秒ごとのため、開幕で使ったリキャストが60秒で戻りますが、スタックがあふれる場合は適当に使っておいてOKです そのため、 紅蓮の極意は即出しではなく若干ディレイをかけてから撃つ(GCDが7〜8時に回った時に撃つ)ことで最後の破砕にバフが乗ります
実践型では「意思」を多く積むことでDPS シミュレーションの結果が、理論型の装備を超えます せめて迅雷3まで付与される間は紅蓮の構えで与ダメ10%上昇状態で殴る
ジョブ• しかし、結局開幕で最速無我回しをするためにはリジェネなどのhotを貰い、かつ最速で迅雷付与されるタイミングを把握したモンクが戦闘カウントを始めなければならない もしくはそれを知ってる協力者が必要 ため、最速の無我回しをするには難易度が高いのです 敵から離れた位置でしばらく待機する、つまり動かない時間が発生するときにどうせ動かないなら無我をするか、常に忙しなく動いていたいプロモンクは演武ドスンドスン繰り返しときましょ!ちなみに無我は疾風迅雷の効果以外にも、実行時に付与されている型も秒数停止してくれます
新しいWS 壱の型 対象の打耐性を減少させるWSですが、 「壱の型」が付与されいる必要があるので初撃に(「壱の型」がない状態で)使っても効果がないので注意が必要です すっごく気軽! その代わり、闘気の回転が良くなった事と闘魂旋風脚がアビとなったため、操作はかなり忙しくなっています
81