内定 辞退。 【例文つき!】内定辞退は電話・メール、どちらの方ですべき?円満に内定辞退をするための方法、お教えします

【手紙】 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 一般的に、内定承諾書にサインすることは「労働契約を締結した」ものと扱われ、内定を辞退することは「労働契約を解約すること」同じ意味を持ちます。 転職に際し、私が今後どのように社会に貢献できるかを真摯に考えたところ、別の企業とのご縁を感じ、他社への入社を決意いたしました。 採用担当者:いえいえ、気にしなくて大丈夫ですよ。 内定辞退は国から認められた職業選択の権利ですので、たとえ罵倒されても怯えることなく、辞退の旨を伝えればいいのです。 企業の担当者へは、後日改めて電話を掛けなおしましょう。 貴重な時間を選考に割いて自分を選んでくれた企業に迷惑を掛けないよう、感謝とおわびの気持ちを忘れず、即連絡を心掛けましょう。 就職活動中に、帰社から学ばせていただいた事が多く、心から感謝しております。
61
そのような場面に出会ったら迷わず• 辞退理由はなるべく正直に答えることで、誠意が伝わるのではないでしょうか。 「入社します」と約束を交わしたその時から企業側は、あなたが入社するための準備を始めていきます。 分からないとき、トラブルになりそうなときは、必ずキャリア担当に相談しましょう。 理由はどうあれ、一度、内定辞退を行った後に取り消しするなんて気まずいもの。 内定者課題についていけない• 「内定承諾後の辞退は可能?」違法にならないケース・違法になるケース 「内定承諾書に法的な効力はあるのか」でも書いたように、基本的には法的な拘束力はありません。 内定辞退を防ぐには、随時フォローを! 以上、『人事が恐れる内定式後の内定辞退』をお届けしました。 たとえお守りであっても、1つで十分なはずだ。 さて、ここまで内定承諾後の辞退連絡のポイント3つを解説してきました。 大変申し訳ないのですが、検討の結果、御社の内定を辞退させて頂きたくご連絡を差しあげました。 「内定辞退」という、お互いにとって良い話ではない分、申し入れをする際には細心の注意が必要です。
58 81