しめ飾り 処分。 正月飾りを捨て忘れた!しめ縄の処分の方法は?どうしても神社に持って行かないとダメなの!?

祝膳や祝酒で弱った胃を休めるためとも言われています。

お塩とお酒を少量ふりかけてもいいですね。

年神様をしっかり迎え入れ、失礼のないように、正しく処分しなければなりませんね。

自宅でお正月飾りの処分する 近くの神社で処分してもらえない場合や、 どうしても神社に行けない場合、自分で処分します。

そんな年神様を祀る正月飾りは以下のようなものがあります。

【関連記事】• 神社では、この日に限らず次のお炊き上げの際に承りますと預かってくれるところもあります。

しめ縄は燃えるごみとして出すことができます。

どんと焼きは、都心部では消防法などで、たき火厳禁なんてところたくさんありますからね。

木製やガラス製の鏡餅などは、片付けの時期を目安に収納して、また来年飾りつけをしましょう。

94

神社やお寺で処分してもらう方法 昔の風習で1月15日にしめ飾りの「 どんと焼き」というものがありました。

スポンサーリンク しめ縄の処分を忘れたらどうすればいい? しめ縄やしめ飾りの処分を忘れた~と嘆いてしまう方もいるでしょう。

1つめが神社やお寺での処分方法 2つめが自宅での処分方法 この2つそれぞれについてご紹介します。

それは 近所迷惑になるかもしれないことです。

処分の方法として最も容易なのは、初詣の際、神社に設置される「古札納付所」に納める方法です。

思えば子供のころ、 「どうして ミカンが付いているんだろ…」 「これは、 後で食べるのかな?」 と、疑問に思っていたので、解決しました。

また、 お守りや たるま、 お札や ぬいぐるみなど もお焚き上げはできるようですが、 これは地域、神社によって違うようです。

1月7日を「松納め」といい、元旦からこの松納めの日までを「松の内」と呼びます。

49