竹 取 物語 かぐや 姫 の 昇天 品詞 分解。 竹 取 物語 かぐや 姫 の 昇天 品詞 分解

動作の対象であるかぐや姫を敬っている。

羅蓋(らがい)さしたり。

その竹の中に、もと光る竹 なむ一筋あり ける。

求婚者・石上中納言は、ある家屋の天井にその宝物があると聞く。

筆者は『竹取物語』には二度の「成立」があったと考えている。

私をどのようにしろと言って、見捨てて昇天なさるのですか。

ちなみにそこでは「物語」は「住吉、宇津保」から始まっている。

その時に、かぐや姫、「しばし待て。

すなわち「竹中生誕-致富長者-昇天」説話である。

」と言う。

おぼしき=シク活用の形容詞「おぼし」の連体形、思われる、見受けられる まうで来(こ)=カ変動詞「まうで来(く)」の命令形、「来」の謙譲語、動作の対象である王とおぼしき人を敬っている。

すべてを対照させて書くことはできないので、探求が要求された宝物だけを挙げておく。 貴重な照明であると同時に、暦を数える基準。 A.かぐや姫の誕生(竹中生誕説話) B.竹取翁の長者譚(致富長者説話) C.妻どい・五人の貴人の求婚(難題求婚説話) D.御狩の行幸・帝の求婚譚 E.かぐや姫の昇天(羽衣説話) F.ふじの煙(地名起源説話) これを立体的に分かるように、所要ページ数で数量化する(角川文庫版の原文で算定)。 斯く(かく)=副詞、このように、こう まかる=ラ行四段動詞「まかる」の連体形、謙譲語。 竹で編んだ籠(かご)も呪具であった。 」と言ふに、猛(たけ)く思ひ つる造麻呂も、ものに酔ひ たる心地して、うつぶしに伏せ り。 あたは ぬことなり。 あわてぬさまなり。

え=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない」 おはします=サ行四段動詞「おはします」の終止形。

遠い昔にあったはずの「原典」の存在を確証し、それを受け継いだ一物語である。

「黒=原文」・ 「赤=解説」・「 青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 今は昔、竹取の翁といふものあり けり。

」と言うけれども、 「なにしに悲しきに見送りたてまつらむ。

これは、唐からの観月民俗とは別な、古来からの満月信仰なのである。

「斬り に斬りけり。

どちらも漢文としてあったと推測されるが、特に後者は口承するには複雑すぎるであろう。

その理由を下記の空欄を埋めて答えよ。

かぐや姫は罪をお作りになったので、このように身分の賤しいお前のもとに、しばらくの間いらっしゃったのである。

うさぎが餅をついて遊んでいる、夢の世界。

78