興和株式会社アベノマスク。 アベノマスク製造元を公表しない理由は麻生太郎?興和のミャンマー製?|凛のTAKARA箱

52

給食マスクいらないけど、数百億を無駄にするわけにはいかない。

— 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom はプレスリリースを通じ、同社が受注した布マスクの生産・検品については「当社のネットワークにて海外の衣料品縫製工場に生産スペースを特別に確保し、当初生産分は縫製工場での自社検品後、厚生労働省に納品を行った」と説明。

アベノマスクは生物兵器 興和の三輪芳弘社長は「週刊文春」(文藝春秋/5月7日・14日合併号)で、「完全な逆ザヤ。

興和は国内で有名なマスク「三次元マスク」のメーカーでもあるため、日本政府がマスク製造依頼をしたのは納得できます。

17日時点で80市町村から1901件報告があったという。

Next: ページ内の商標は全て商標権者に属します。

9億円だが、アベノマスクの予算466億円との差額についても説明がなされておらず、厚労省は野党からの問い合わせを交わし続けている状況である。

1世帯2枚ずつ配布する計画で、東京都内では4月17日から配布が始まった。

通常、民間企業の設備投資などに対する補助金は「企業のモラルハザード防止」などを理由に最大でも2分の1程度とされることがほとんどだが、この補助金は1件あたり200億円を上限に最大4分の3まで補助率を上げることが認められている。

80