てん くら 燕岳。 冬の晴れ間。

トイレは冬季用のトイレがあります。 テント場以外に燕山荘周りで雪が残っているのは、あとここだけでしょうか。 営業準備。 上半身のレイヤリング 薄手のタンクトップ、長袖シャツ(ポリエステル)、厚手のフリース(山と道)、ハードシェル(一枚地の雪山用ウェア) また、休憩時用に厚手のダウンジャケットも持っていきました。 また、濡れた時のために2つ持って行った方がいいです。 緯度35. ただ、快晴だったので、日光が当たれば思ったより寒くないという印象でした。 いつもより少し控えめな飾りつけですが、皆様をお迎えする準備も整いました。 下半身のレイヤリング ウールのタイツ、中厚手の長ズボン、ゲイター 防寒対策用に、レインパンツも使おうかと思っていましたが、スタート時点からいらないかなぁという印象でした。 ただこれもひとたび雪が降ってしまえば、無くなってしまいます。 そんな時はこの赤旗を目印にお進みください。
58 24