クリープ 変形。 やさしい実践 機械設計講座

耐熱・耐摩擦・耐食・耐薬品にすぐれ、高強度なことから、セラミックスは金属やプラスチックより優れているように感じられますが、衝撃や温度変化に弱く壊れやすいデメリットがあります。 クリープと疲れ 常温で鋼製の試験片に静荷重を加えて引張ったときには,応力・ひずみ線図は引張っている時間にはほとんど関係がないが ,鉛・すずのような低溶融金属では試験片を 一定の荷重で引張っていると、ひずみは時間とともに増加していきます。 いつかは壊れます。 工業の進歩につれて、材料が高温・高応力のもとで使用されることが多くなった。 図1 クリープ現象 クリープは身の回りの製品でも簡単に起こり得る。 ある一定の応力値(赤いラインの水平になっている部分)になると、 何回でも繰り返し応力に耐えることができるようになります。 実線が実測値を結んだ直線、点線はその直線を延長(外挿)したもので、それぞれの応力におけるクリープ破壊寿命を示している。 薄いアルミ板を一度折り曲げても折った痕がつきますが、アルミ板自体は一枚にくっついたままです。 今から1万7,000年前から使用されており、長い間、人と深い関わりのある素材です。
89