ニーア まとめ。 【FF14】FF14とニーアレイド|元ネタまとめと感想【日記/ブログ】|ゲームエイト

機械生命体たちの統合意識ネットワークが「赤い少女」として発現」し、「塔」から宇宙に向けて構造体が射出される 世界各地にレプリカントの生産・管理を目的としたアンドロイドが配置される
ゲシュタルト・ニーアはヨナを救える世界が訪れるまで、彼女をコールドスリープさせる 同年、とある男性モデルのヨルハ型が逃亡の末に機械生命体と融合して暴走
道中、カイネとエミールという仲間にも恵まれ、ニーアはついに言葉を集め切る 5024 エイリアンが「機械生命体」の製造を開始
「2B」や「9S」を始めとした黒き衣と白い髪のアンドロイド達と「機械生命体」との生存戦争を描くロールプレイングゲームです どちらも巨大な図体の敵と相対した時に流れる曲として共通点があります
その影響で謎の奇病を発症する者が現れはじめる ニーアレプリカントには合計で5つのエンディングが存在する
スクエニ本社も新宿にあります DoD1の簡単なあらすじ 『DoD1』は主人公である亡き王国の王子だった「連合軍」の傭兵「カイム」が、「天使の教会」を盲信し異常な力を持ちはじめた「帝国軍」に「封印の女神」たるカイムの妹「フリアエ」が帝国に捕われ、さらに戦争中に深手を負った「カイム」が同じく捕われていた瀕死のレッドドラゴン「アンヘル」と「契約」を結ぶところから物語が始まります
「オートマタ」でもサブクエストの一部で流れたりします 打倒し、ついにヨナを救い出す
DoD3の簡単なあらすじ 『DoD3』は『1』より前の話です Eエンド Ver1. 「全テヲ〜」に関しては「レプリカント」では「ジャック」戦のとき、「オートマタ」では「超大型機械生命体」戦のときに使われている曲です
戦闘型アンドロイドが生産されはじめる また、この頃から機械生命体の侵攻活動が低下するも、数そのものは増加の一途をたどる
当時、開発的には「レプリカント」だけ世に出すことを進めていたそうですが、世界展開や海外受けのため別バージョン「ゲシュタルト」を作ったらしいです ただし、非常に暗く終末感の漂う世界観が他のゲームとは一味違いました
3627 人類遺産調査委員会発足 11928 新型駆動システム「ブラックボックス」がラボにて完成
石片には暗号があり、集めることで魔王の城への封印を解く鍵になるという 2025 ゲシュタルト計画の一環として、ゲシュタルト化した人間の肉体から取り出した情報をもとに、「レプリカント」と呼ばれる新たな器の作成実験が成功
1時点での疾風迅雷は16秒間のバフでした 5013 「人類軍」設立
また、レギオンを率いる怪物の存在も確認され、こちらは赤い目をしていたことから「レッドアイ」と呼ばれる 5012 「エイリアン」到来
魔王との戦いから3年後、何か大切なものを忘れていると感じ続けてきたカイネは、異変の起きた神話の森に向かう 本編に登場した「アノッグ」は、洞窟の瓦礫によって死亡したと思われるオリジナルのコピーであることが発覚した
11817 森の国の初代国王が崩御し、2代目国王が製造される 作戦に参加したヨルハ型は「A2」を除いて全滅
自分達が何者なのかに苦悩しながらも、ニーアは魔王と対峙 石片集め 石の神殿が魔王の居所と繋がっていると聞いたニーア達
さらにレプリカント・ニーアは仲間である「カイネ」を救うため自らの存在そのものを犠牲にする 11937 森の国2代目国王が言葉を話すようになる
61