シェルフ コンテナ 25。 【キャンプの収納】スノーピークのシェルフコンテナと無印 組み合わせがおすすめ!

もちろん、シェルフ(棚)の状態でも、3つしっかりと固定して積み重ねることができます。

金属製のものって耐久性が高いからいいですよね。

そしてこんな使い方も。

2年ほど前から供給が追い付いたようでシェルフコンテナも品切れが無くなってきていたので、ちまちまお金を貯めて玄関先の収納ケースとして単発的に2個ほど購入した。

取っ手はしっかりしていて持ち運びには便利ですが、積載には不向き。

重ねてもずれないデザインなので、走行時の振動やブレーキによる荷崩れの心配もありません。

44

取っ手部分は竹で作られていて、スチールと竹のアンバランス感は絶妙です。

ちょうど良い薄さと幅の板がなく、ぷらぷらし始めました。

いくらスノーピークとはいえ、たかがモノ入れがこの値段。

シェルフコンテナと言えばこのように持ち手の部分に竹が使われているのが特徴なので、 天板はそれに合わせた薄めの色をした木で作りたいなぁーと思い店内へ。

2バーナー(コールマン 403H)• 「これ・・・ひょっとして・・・ジャストなんちゃうの?・・・」 恐る恐る車に積んでいたシェルフコンテナ25を持って来て それを乗せてみると・・・JUST TOO GOOD! 画像の左側のように、2つ重ねて置いた上に天板をつけると「テーブル+棚」として利用することができ、とても機能的です。

コレ1つで、他メーカーのコンテナだったら2、3個買えます。 気持ち良いぐらい綺麗に収まってくれました。 白いのも捨てがたかったんだけどねぇ。 こんなに気持ち良くフィットする商品があるとは思いませんでした。 今回実際に使ったスライドレール。 無骨でインダストリアルな雰囲気なのでシェルフコンテナと相性が良いです。 Contents• 今回購入したものはスライドレールと白木材の2点、ネオジム磁石(100均)合計金額は 約900円(税込み)です。