白根 一男。 白根一男とは

「面影いずこ」• 「ラーメン節」• デビュー当初は高校生であったことからステージには学生服で立っていた。

「君恋ギター」• 第365話「高原に消えた女」(1968年) この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

「青春は雲の彼方に」• 「東海道は日本晴れ」(作詞:、作曲:内藤貞夫)1956年• 経歴 [編集 ] 皆川町生まれ。

第184話「醜聞」(1965年)• 同事件はその後、その女性が以前にも事件を起こしていたことが発覚、また証拠不十分として不起訴となった。

その後もコンスタントにヒットを出していたが、(昭和40年)にファンへのの疑いでされ、人気が急落した。

第137話「ハンドル」(1964年)• 「次男坊鴉」1955年• 白根一男さんについては 以前の知恵袋での回答では表舞台での活動は、休止のような状態のようです (白根一男さんのご質問とご回答サイト) ただ、検索した結果 何年かに一度程度は「新宿コマ劇場」で歌っているようで 本来、問い合わせはその会場となるのですが 新宿コマも現在なくなってしまいました。

(昭和30年)には、主演の映画 『次男坊鴉』の主題歌「次男坊鴉」が大ヒットし一躍スターダムに。

代表曲 [編集 ]• (昭和32年)にはに出場、ヒット曲「面影いずこ」を歌唱。

「母恋椿」• そして清水君を見守るようにふたりが後ろについていてくれたのです。

学生服歌手第1号、白根一男さん、 そして白根さんから10年後の舟木さんをはさんで、さらに10年後の藤正樹「忍ぶ雨」に」つながります。

翌(昭和28年)にテイチクから「夜霧の酒場」でデビュー。

「花の渡り鳥」• 白根は、現在も継続的に新曲を発売するなど、意欲的に歌手活動を続けている。 「はたちの詩集」• 男性アイドル歌手として、10代での股旅歌謡を歌う、学生服でのステージ()、作曲もこなすなど、前半の青春歌謡の歌い手であった。 「弥太郎笠」• 「夕映えの時計台」•。 高校在学中の(昭和27年)に第1回新人コンテストに出場し、優勝。 エピソード [編集 ]• 藤色の学生服で歌ってくれました。 このシーンは我ながらすごかったなあ. 従って、問い合わせするとなると 白根一男さんは現在も一般社団法人日本歌手協会に所属しておりますので そちらの方へ、お電話とかファンレターなどのお手紙で問い合わせしてみるしかないと思われます ぜひ、白根一男さんの情報が見つかるといいですね 下記はその日本歌手協会のサイトです ご参考までに 2008-10-23 学生服ということで、学生服の先輩歌手も集ってくれました。 「丘の上の白い校舎」(台詞:)• (昭和34年)には創設間も無いへ看板歌手の一人として引き抜かれる形で移籍。 (昭和36年)、楽曲 『はたちの詩集』がヒット曲となった。 。 。