竹内 文香。 おかあさん、お空のセカイのはなしをしてあげる! 胎内記憶ガールの日常(竹内文香) : 飛鳥新社

【胎内記憶って胡散臭い】【選ぶとか選ばれないとかいやだなぁ】そんな気持ちもわかります。

慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパスに、市民のための健康情報ステーション「からだ館」を2007年に開設、以来、地元行政や鶴岡地区医師会等と連携しながら、健康な地域づくりに取り組んでいる。

慶應義塾大学医学部専任講師、看護医療学部助教授、大学院健康マネジメント研究科・看護医療学部教授、医学部兼担教授を経て、現職 脚注 [ ] [] 2020年7月19日閲覧
県大会でも個人入賞したことがある 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、(株)仙台放送報道局、ロンドン大学経済政治大学院 LSE 修士課程、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程を経て、2007年より慶應義塾大学総合政策学部専任講師、2012年4月より環境情報学部准教授、2016年3月よりUC Berkeley客員研究員、2017年4月より現職
配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります 大学在学中に連載を開始し、著作は「友達ごっこ」「凛!」「カテメン」等
博士(看護学) 『看護管理学学習テキスト:看護管理研究』(共著、日本看護協会出版会)などの著作がある
著書として、『Comprehensive Handbook of Alcohol Related Pathology』(共著 Elsevier 2005)、『循環器病予防ハンドブック』(共著 保健同人社 2014)、『解説健康日本21(第二次)健康長寿社会を創る』(共著 健康・体力づくり事業財団 2015)、『The Encyclopedia of Cardiovascular Research and Medicine』(共著 Elsevier 2018)、『第三期特定健診・特定保健指導ガイド』(共著 南山堂 2018)、『健康教育マニュアル(第2版)』(共著 日本家族計画協会 2019)等がある 専門領域は健康社会学、環境疫学、コミュニティ心理学
わたしたちは誰もが母親の胎内を経験し、はたまたお空のセカイにいたかもしれません! あの頃気になったなぜ?どうして?を思い出しながら、いまはもう見ることができないセカイをのぞいてみてください 同内科、老年科を経て2019年よりスポーツ医学研究センター教授
著書として、「建築空間のヒューマナイジング」(共著、彰国社) - に(アローブ)こもれびホールにて行われた、『Queen's Tears Honey』コンサートに参加したメンバーのを担当した
19