厳重 注意 意味。 厳重注意ってそもそも何?

45
何かミスをしたときなどに会社から「厳重注意」を受けた、などですね 譴責処分は公証人法で決まっている公証人の5つの処分 一 譴責 二 十万円以下の過料 三 一年以下の停職 四 転属 五 免職 のひとつです
「注意を払う」の意味 続いて、「注意を払う」は「ちゅういをはらう」と読み、「ある人や物事などについて、その詳細や動向を強く意識すること、念入りに調べること」という意味を持ちます 前科は「裁判所での有罪判決を受けた場合で、検察庁のDBに登録」となります
よく聞く言葉ですが、実際に活用するとなると案外難しい言葉でもあります 私がどうして、こんなことを自信満々に書けるかというと、かつては私もこの処分を受けたことがあるからです
「厳重注意は、就業規則等に規定がなく、それ自体としては直接的な法律効果を生じさせるものではないが、実際上、懲戒処分や訓告に至らない更に軽易な措置として、将来を戒めるものとして発令されているものであり(中略)、人事管理台帳及び社員管理台帳に記載されるものであるというのである 人柄や家柄といった人や物事等の厳しい性質を表す意味で使われる
しかし、やはり過ちは度合いにもよりますが、二度と繰り返さないように気をつけなければいけません 「譴」はひらがなで書かれることも多いですが、「けんせき」という読み方をしっかり覚えておきましょう
まずは「細心」です 目の前にある問題を無視してしまえば、いつか山積みになった状態でその身に降ってくるでしょう
国公法では、一 この法律若しくは国家公務員倫理法又はこれらの法律に基づく命令(国家公務員倫理法第五条第三項の規定に基づく訓令及び同条第四項の規定に基づく規則を含む 公務員が業務上で義務違反をした場合に、上司から口頭で、将来に対する戒めを受けるというもの
37 47