エコノミスト 2020。 エコノミスト 2020年10/20号 (発売日2020年10月12日)

「ビジョン・ラット」は、ネズミが媒介して猛威を振るった中世のペストを意味していると思われます。 単語毎にまとまりがなく非常に分かりづらい。 たまたまかもしれませんが、もしも意図的にグリーンランドに光が当たっているように書かれたのであれば、グリーンランドは 氷床が30、40年前の6倍のスピードで溶けています。 他諸国は、貿易やテクノロジーにおいて、中国とアメリカの各々の勢力範囲の間で、自国の位置づけを見出さなくてはならない。 〔特集〕バフェットvs商社 神髄 会社と対話するバフェット流=阿部修平• 「 21という数字は、幸運、リスク、チャンスを掴むこと、そしてサイコロを振ることに関係しています。
89
北朝鮮建国からの関係を鑑みれば、十分に考えられることです。 石油から再生可能エネルギーへとシフトしていくのかもしれません。 〔社告〕福田猛『プロがこっそり教える資産運用のはじめかた プランニングから運用戦略・実行まで』• 〔書評〕歴史書の棚 新型ウイルスの脅威の下 カミュの傑作を再読=本村凌二永江朗の出版業界事情 アマゾンジャパンが卸業務スタート• 中立的な組織を設け、意見交換を重ねる必要がある」と話す。 【追記】スリラー小説「アイズ・オブ・ダークネス」の中に、武漢で開発された重度肺炎を起こす生物兵器を、リー・チェンという科学者が持ち出す描写があり、 1981年に予知されていたとツィートで話題になっています。 視力は片目を隠して検査しますので、フリーメイソンのシンボルである プロビデンスの目(すべてを見通す目)を暗示しています。 〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕24 夫婦で行動するのを嫌う妻に参っています• 山口氏は「バイデン氏の似顔絵を、核兵器と破れたアメリカの国旗で(上下に)挟んでいます。 その前からの流れで考えると、「一見わからない多様化した中に裏切り者がいる」と読むこともできます。 2021年も引き続き最大の懸念は「米中対立」。
14