米倉 涼子 安住 紳一郎 スペイン。 米倉涼子 安住アナは「安心感ある。楽しいですよ。ただ…」 “お似合い説”に驚きも― スポニチ Sponichi Annex 芸能

42
自立してるけど甘え上手で尽くす米倉涼子さんと、自立してて知的で優しくて丁寧だけど実は暗い安住紳一郎さん、暗い安住さんを米倉さんが明るくしてくれて、米倉さんの大変さを安住さんがサポートしてくれて、、めっちゃ良いと思うんだけどー 母親は英語教師をしていたそうで、幼いころから 米倉さんは英語に慣れ親しんで育ったようです
理由がわかって妙に照れてるのもリアルで好き アルカサール家で昼食をご馳走になった後、街まで買物にやってきた米倉と安住アナ
大人になってから始めた語学はすぐには身につかなくて、簡単じゃないですね ホームステイ先のアルカサール家を訪ねると、家族に溶け込んでいる米倉の姿が
上記の礼拝堂の写真もその時のものです スペイン旅行に一緒に行ったとか! 結婚するのではないか!とか
実は10年以上前、番組で泉ピン子と共にスペイン・バルセロナへ行ったが、その時の嫌な思い出が残っているようだ・・・ 27年間在籍した事務所を離れ、4月に個人事務所を立ち上げました
現地の人との会話はすべてスペイン語 《KT》. 安住紳一郎さんの牙城は、もうそろそろ崩れるかも
しかし、こだわりがあるのは安住紳一郎アナの個性で生きがい 米倉から相談があると呼び出された安住アナ
安住紳一郎アナがいない企画だったので「安住さん、お願いだから、戻ってきて」と一句詠みました 4月の放送後、スペイン語を4ヶ月間猛勉強してスペイン入りしたという米倉は、アルカサールさん一家と通訳なしで会話をしていた
また、米倉さんはニューヨークでシカゴというミュージカルの主演を日本人女優として初めてやっており、情熱の国でフラメンコで有名なスペインに強い関心があったようです 主夫になることは現実的に難しいですね
74