西 湘 バイパス。 西湘PA(下)・西湘バイパス

54
逆に小田原から藤沢方面に戻る時も同じように帰るのですが、道路の案内表示が普通に「茅ケ崎」 とか「134号線」と表示されてるところがあるので、大磯駅入り口まで到達していないのに、標識どおり に曲がって、結果、「自動車専用道路」の標識に気付いて、慌ててUターンして元の1号線に戻った事 が2回あります 消費税込) 料金所・車種 軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車 橘 210 260 310 410 720 国府津 110 160 210 260 410 石橋 160 210 260 360 570 通行区間によっては最高で2回料金徴収があり、下記の通り利用距離は大差がないのに料金格差が激しい区間がある
給油 高速道路上で燃料切れを起こさないよう、通常よりも早めの給油をお願いします E84 西湘BPは、開通から約50年が経過し、橋梁の老朽化が進行しています
概要 [ ] からまでは、無料の自動車専用道路となっている 2010年(平成22年)6月25日中日本高速道路株式会社公告第18号「高速道路の料金の額及び徴収期間の変更公告」• 本線分岐から、Uターンする形で駐車場に入る
(7年):早川分岐 - 供用開始 ・小田原西ICフル化完成 西湘バイパスは自動車専用道路なので、125cc以下のスクーターでは通れないことは認識してます
(昭和44年)• 終点:神奈川県小田原市風祭• : - 小田原IC供用開始 ( 本線部全線供用) なお、西湘バイパスの有料区間は、2010年6月28日 から2011年6月19日まで無料化社会実験が行われていた
カーブを曲がるとすぐに早川出口がある 国土交通省道路局• 箱根口ICでは、国道1号バイパスに接続しに連絡している
95

(昭和43年):酒匂IC - 国府津仮出入口を供用開始(暫定2車線・無料)。

早川で分岐し石橋支線に進行すると、でに接続する。

(昭和42年): - を供用開始(暫定2車線・無料)。

小田原インター手前にて。

西湘バイパスリニューアル工事は、これからもお客さまに高速道路を安全にご利用いただき、高速道路ネットワーク機能の長期健全性を保つために必要な工事です。

実際の西湘バイパスの有料区間は、西湘西宮インターなのだが、 横浜方面からの出口はないため、無料区間の最終出口は大磯西インターとなる。

軽食・カフェ・レストラン 手軽に食べられるフードコートから本格レストランまで、旅のグルメを楽しめるサービスエリアです。

大磯港インター800m手前 大磯東インター(小田原方面より) 小田原方面からの大磯東インターは丁字路そのもの。

2