ヤヌス の 鏡。 ヤヌスとは

(1988年2月 - 3月、フジテレビ系・)• もの凄くはまってしまいました 終盤では裕美を保護監督下に置きたいという堤の申し出に、保証人を買って出る
出典:テレビドラマデータベース. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります 台本を読んで再び武者震いし、主人公・小沢裕美役を演じる桜井日奈子さんの瞳を見た時、三度武者震いしました
皆、ユミの自由奔放さにあこがれ、裕美の苦悩に同情する そんな杉浦、現在はペットグッズをネット販売しているそう
(1992年、ビデオ)• からまでの「」枠で地上波放送された あるとき、進東の存在が貴子に知られ、激怒した貴子は納戸にヒロミを閉じ込めてしまう
トピ内ID: 2563124814. プロデュース:柳田博美(大映テレビ)、千原博司(大映テレビ)、石川泰平(フジテレビ)、(フジテレビ)• はっきり言ってすっきりしないラストだったし、杉浦美幸版の方が すべてが解決した感があったし見ごたえもあった 一年の終わりと始まりの境界に位置し、を司る神である
この登極の経緯から彼は軍隊の統制に難渋したため,後継帝として兵士出身のトラヤヌスを指名し,養子として採用した 劇中、この曲を歌手エレン・エイムに扮するダイアン・レインがステージで歌います
31
ユミからヒロミを救い出すために、葛藤しながら暗中模索していきます。 ドラムのイントロが鳴りだすだけで自由を感じてワクワクしちゃう『ヤヌス』の主題歌 『今夜はANGEL』(椎名恵)。 いつもと様子の違うヒロミに進東は戸惑うのだった。 平時はまじめな優等生だが、時に狂暴な不良少女に豹変してしまう二重人格の少女を主人公に愛と青春を描いたドラマ。 魂を真っ赤に燃やせるものなら命なんかくれてやるさ。 脚本 - 、• ある日純子から誘われた裕美が店に遊びに訪れ、自身の服の制作を手伝う。 今だったらパワハラとかありますけど、『もうお前なんか帰れ』とかありました」らしく、「『マジでぶっ殺したい』と心から思った」と、杉浦は当時を振り返る。 危険な恋の物語(1992年、)• この番組は、現在で限定配信中!. 野獣会:石原 ヨシエ・・・石崎文也• しかし、ヒロミも普通の女子高生と同様に恋をし、ひそかに生徒会長の進東に憧れていた。
19