スルピリド 副作用。 スルピリド錠の副作用を分かりやすく解説!うつにも効く?

脱水状態• 本剤の主成分は、スルピリド(Sulpiride)で、脳内にあるノルアドレナリンと言う神経伝達物質の放出を促す作用があると言われており、この作用により、鬱状態のネガティブな気持ちを前向きに切り替える効果が期待されます。
・ 抗精神病薬としての働き スルピリドのうつ病への効果はまだ正確には分かっておらず、いくつかある仮説のひとつとしては、スルピリドを投与するとドーパミン自己受容体を遮断し、それが結果的にドーパミンの分泌を増やすのではないか、それによって抗うつ効果を発揮し、やる気を出させるといった効果が得られるのではと考えられています。 統合失調症治療薬としては、気分が安定している方に使います。 有名な症状として、• 2円 には後発薬がいくつかあります。 その作用機序は、ドーパミンをブロックすることなのですが、これにより• 他の抗うつ剤に多い副作用(吐き気、便秘、眠気、離脱症状など)が少ないこと です。 ここでは、スルピリドの副作用のうち、特に注意すべきものや 臨床で特に見ることの多い副作用を紹介します。 ) それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。
81
ジェネリック(後発薬) ドグマチール錠50mg 薬価・14. ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒 5.パーキンソン病又はレビー小体型認知症の患者[錐体外路症状が悪化する恐れがある]
眠気や眩暈(めまい)を起こす場合がありますので、車の運転や危険を伴う作業等は避けてください このため、副作用として乳汁分泌や生理不順がみられます
すると• しかし、どうしてうつ症状に効果があるのかは、厳密にいうとわかっていません 4.中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体、麻酔剤等)[相互に中枢神経抑制作用を増強させることがある(本剤及びこれらの薬剤は中枢神経抑制作用を有する)]
けいれん 抗うつ剤• そのため、自己判断で使用量を変えてしまうと、薬の効果が変わってしまうため、必ず医師の指示通りの量を使用するようにしましょう
SSRIやSNRIでは効果が得られなかった方• この作用により、特に統合失調症による陽性症状(妄想、幻覚、幻聴、混乱、興奮)の改善に効果が期待できます 抗コリン薬(アキネトン、アーテンなど)という、錐体外路症状を和らげるおくすりもありますが、 抗コリン薬は抗コリン薬で副作用があり、漫然と続けない方がいいおくすりです
そして、スルピリドは即効性があり、少量でもすぐに効き目を示すことから頓服での利用もできますし、ほかの抗うつ剤に見られるような、吐き気、眠気、離脱症状、口の渇き、便秘といった副作用はあまり見られないのですが、食欲低下、または食欲増進して太る、といった症状は現れるようです 最近のジェネリック薬は「一般名+会社名」という名称にすることが通例となっており、 一般名である「スルピリド」がおくすりの名前になっているのです
2).[統合失調症、うつ病・うつ状態の場合](頻度不明) (1).心・血管系[統合失調症、うつ病・うつ状態の場合]:血圧下降、心電図異常、血圧上昇、胸内苦悶、頻脈[統合失調症、うつ病・うつ状態の場合、急激に増量した場合、心電図変化がみられることがあるので慎重に投与する] この辺りはさすが元々は胃腸薬として使われているだけのことはあると思います