休職 中 給与。 【休職経験者】休職中の給与の替わりになる手当の期間と金額

復職の取り消しに関する規定 従業員が復職後6カ月以内に同一ないし類似の事由により欠勤ないし通常の労務提供をできない状況に至ったときは、復職を取り消し、直ちに休職させる。

うつ病などの精神障害の労災申請は最低でも半年です。

申請の流れ STEP1:休業 補償 給付の請求書を入手 STEP2:指定の医療機関を受診 STEP3:会社の証明欄を記入・押印 STEP4:医療機関に治療期間などを記入してもらう STEP5:労働基準監督署に提出 請求書は、業務災害の場合「休業補償給付支給請求書 様式第8号」を提出します(通勤中の災害が原因の場合は「休業給付支給請求書 様式第16号の6」を提出)。

また、休職中に給与が支払われる会社でも傷病手当金を下回っていれば、その差額を受け取る事ができます。

厚生年金に加入している場合、傷病手当金というものが健康保険組合から支給されます(国民健康保険にはない制度です)。

実際に最近のでは「中は無給」とする事が多いです。

仕事が原因の病気であれば、会社は解雇することができませんが、そうでなければ、 休職期間を超えたら、失業することになります。

支払い期間中に一旦仕事に就ける状態になった場合、支払い期間は終了する 最後の点について、一旦回復したのちに再び就労不能になっても、再度傷病手当金が支払われることは無いので注意して下さい。

もっとも、効率よく早く受給されるためには、給料の締日に通院して、医師に「療養担当者用」を記載してもらい、「被保険者記入用」と一緒にそのまま会社に郵送することです。

(休業補償) 第七十六条 労働者が前条の規定による療養のため、労働することができないために賃金を受けない場合においては、使用者は、労働者の療養中平均賃金の百分の六十の休業補償を行わなければならない。

18 17