東京 都立 高校 倍率 2021。 都立高校の一般入試は倍率2倍超が多数! ~直前対策は?~

で過去4年分の学校別の状況がわかるようになっています。 また、 両国高校・大泉高校は 今年で最後の高校募集です。 21日が試験本番になります。 定員割れした学校も58校80科2コースで、94年度以降で最多だ。 推薦入試応募状況を見るときのポイント・・・推薦入試の応募状況は一般入試の応募状況と相関関係がありますが、以下の注意が必要です。
88
58倍となっており,男女ともゆるやかな倍率低下が続いていましたが、前年から上昇に転じ、今回もともに上昇しています。 女子は隔年で上下していましたが、3年続けて低下しています。 募集人員の増減の影響もあるため,倍率の推移を比べるとよいでしょう。 区市町村名 学校名 コース名 募集人数 応募人数 倍率 男 女 計 新宿 新宿 普通科 284 277 265 542 1. ただし、高校別に見ると志望者が増えた高校もあれば、減った高校もあり、募集人員の増減も考慮しなければなりませんが、今春入試における人気の度合いをある程度知ることができます。 今回確定した応募から,2月22日の入試当日までに私立や国立の難関校に合格した受験生を中心に欠席者が出ます。 (2)出願期間及び出願先• 山形県• 戸山は、最終応募人数532人のうち470人が受検し、不受検者数は62人、受検倍率は1. 八王子東は、最終応募人数388人のうち372人が受検し、不受検者数は16人、受検倍率は1. 男女とも低下したのは、前年に拡充された都の私立高校授業料等無償化施策の影響が少なからずありそうです。 39倍と低下傾向にあったものが4年前に一度大きく上昇。
85

ア 出願期間 令和3年3月5日(金曜日)午前9時00分から午後3時00分まで• 出願手続等に関する詳細については、志願する都立高校又は下記に問い合わせること。

合格したら都内に引っ越すという。

ただし,一校一校見ていくと応募者が増えた高校もあれば,減った高校もあります。

(イ)令和元年度以前の中学校卒業者は、住民票記載事項証明書を提出する。

自分が受験を考えている高校の倍率が「上がるか」「下がるか」を知るヒントにもなるため、 でぜひ確認しておきましょう。